お通じが良くなる方法とは?

お通じは健康のバロメーターになります。腸内環境が悪くなると便秘になるだけではなく、様々な病気にかかるリスクが高くなります。
ですので、できるだけお通じが良くなるよう、色々な方法を試みることが大切です。お通じが良くなるためにまずすべきことは、食生活と生活習慣の見直しです。
加工食品やタンパク質が中心の食事は、栄養バランスに欠けるだけではなく、腸の悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させます。
腸内環境が良くなる方法は、野菜中心の食生活に変えることです。特に、旬の野菜は栄養価に優れているので、積極的に取りたいものです。
そして、善玉菌を増やす方法では、乳酸菌やビフィズス菌の摂取が欠かせません。これらは、腸の活動を活発にするのでお通じが良くなることが期待できます。
そして、生活習慣では睡眠とストレスに気を付けなければいけません。睡眠が不足したり、ストレスが溜まると自律神経が乱れ、腸内環境が悪くなります。
ですが、逆に自律神経が整っているとお通じが良くなるので、リラックスする方法を見つけることが大切です。
運動をしてストレスを解消する、気持ちが落ち着くメロディーの曲を聴く、アロマテラピーを楽しむなど、体と心をほぐすような方法を見つけましょう。

1

お通じが良くなる飲み物ってなに?

お通じが滞っている時、どのような飲み物を飲むと良くなるか考えますね。
お通じが上手に行かないと肌荒れを起こしたり、食欲がなくなったり、下腹がぽっこりしたりと良いことはあまりありません。
お通じが良くなる飲み物には、炭酸水、コーヒー、グリーンスムージー、ミネラルウォーター、きなこ牛乳、ホットヨーグルトなどがあります。
炭酸水は、含まれている炭酸が腸を刺激して便を外へ出そうとします。
飲むタイミングはいつでも良いですが、食事前にとってしまうと食欲がなくなり、食べ物が食べられなくなり便のかさも減ってしまいます。
また、砂糖が含まれている炭酸水を飲むと、砂糖の力によって便秘が起きてしまう可能性もあります。
できるだけ糖分が含まれていないものを飲むようにしましょう。同じように、コーヒーにも腸を動かす力があります。
この他、お通じが良くなる飲み物としては、白湯があります。白湯はミネラルウォーターをぬるめに温めたものです。
この白湯を寝起きに飲むと胃腸が活発に動き出すので、お通じが良くなります。熱すぎても冷たすぎても効果はありません。おおよそ38度程度に温めましょう。
なお、飲み物を飲む際に糖分が欲しい場合は、オリゴ糖を入れると良いでしょう。オリゴ糖には便秘を解消する働きがあります。

2

お通じが良くなる食べ物は?

毎日を快適に過ごすには体の状態を整えておく必要がありますが、普段の食べ物に気を使うことがとても大切となります。
特に健康に影響を与えると言われるお通じは、毎日きちんとあるのが理想ですが、時に便秘に見舞われることが出てきます。
便秘を抱えると慢性疲労や、肌荒れを起こし、様々な不調を訴えるようになります。 便秘症だからといつも薬ばかりに頼っていると、ますます状態を悪化させます。
慢性的な便秘を防ぐためにも、日頃からお通じの良くなる食べ物を取るように心がけます。
お通じの良くなる食べ物であげられる代表的なものに、バナナや乳製品があります。
バナナは栄養価が高く食物繊維を含むことで、普段からよく食べられているフルーツです。
バナナはいろんな食べ方ができる食品なので、デザートやジュースにしても美味しく食べられます。
一方、お通じが良くなる食べ物の次にあげられるのが乳製品と言われ、ヨーグルトやチーズを多く取ると便秘解消に効果があります。
また、食事以外にも最近はサプリメントがたくさん出ていますから、その中から食物繊維や乳酸菌を使ったサプリで代用ができます。
便秘症に悩む人は多いですが、健康と美容のために早い解決が望まれます。

3

関連サイトはこちら

お通じが良くなる食べ物や飲み物などを解説していますが、これらの方法が合わないということもあるかと思います。
そういう場合は、ここに掲載している別のサイトが役に立つかもしれません。
お通じが良くなるためのあなたに合った方法が見つかれば嬉しいです。